創作ぎふと

  • 創作ギフト きわみ
  • ドリップバッグ かおり
  • きわみ かおり詰め合わせ なごみ

ご家庭用珈琲

  • ブレンドコーヒー
  • ストレート珈琲
  • ドリップバッグ
  • 水出しコーヒー

メールマガジン登録フォーム

最新のコーヒー情報や入荷情報をメルマガで配信いたします。


メールアドレス

メールアドレス(確認)

珈道庵の珈琲をより美味しく味わってもらいたい。岩清水珈琲の美味しい淹れ方

珈道庵の珈琲豆はすべて、佐賀・三瀬の澄んだ水で洗い清めた岩清水珈琲です。この澄みきった味わいをお楽しみいただくための、抽出のこつをご紹介いたします。

珈琲を抽出する場合は、ペーパードリップやネルドリップ、プレス、エスプレッソ、サイフォンなどさまざまな方法がありますが、こちらではペーパードリップの方法をご説明いたします。

STEP1:道具を揃えよう

まず揃える器具は、ドリッパーとペーパーフィルター。一杯分の抽出でしたらこれだけでも充分ですが、複数杯分を同時に淹れる場合はコーヒーサーバーをご用意ください。

また、注ぎ口の細いドリップポットもあれば、注ぐ湯量や湯温の調節がしやすく、より美味しくに抽出することができるでしょう。そして、可能でしたら、ぜひコーヒーミルもご用意ください。珈琲は、豆を挽いた直後がもっとも香りの広がる瞬間です。

STEP1:道具を揃えようイメージ写真

ですから、

「珈琲を淹れる直前に、その都度、淹れる分だけの豆を挽くこと」

が、珈琲を美味しく淹れる簡単なこつのひとつです。

STEP2:コーヒーに最適なお湯を用意しよう

一杯分に注ぐお湯の量はおよそ200cc。使う水は水道水で問題ありません。
もしミネラルウォーターなどを使う場合は、ph7未満のものを使用した方がよいでしょう。
ph値が7を超える水を使うと、珈琲の持つさわやかな酸味が消え、味がぼやけてしまいます。

使う分量より少し多めにお湯を沸かしますが、ここでも大切な淹れ方のこつがあります。

それは、「注ぐお湯の温度を82〜85℃弱ほどに冷ますこと」です。

湯温がぬるくなりすぎてもよくありませんが、沸かしたてのお湯をそのまま注いでしまうと、とげのある苦みや雑味、濁りが出て、透明感のない珈琲になってしまいます。

この場合、沸かしたてのお湯を別の容器へ一気に移しかえることで、おおよその程よい湯温に下がりますので、お持ちであればコーヒーポットへ移してから、お持ちでなければお湯が適温に冷めるまでひと呼吸おいてから、注ぐようにしましょう。

STEP1:コーヒーに最適なお湯を用意しようイメージ写真

STEP3:コーヒー豆を挽く

コーヒーミルをお持ちの場合は、次に珈琲の豆を挽きます。珈琲は、細かく挽くほど濃く、粗く挽くほどすっきりとした味わいになりますので、お好みによって調節してください。
当庵では、

「岩塩くらいの粗挽き」(写真参照)

で挽いております。使用する豆の分量は、一杯につき約12グラム。複数杯同時に淹れる場合は、杯数分より若干量を減らしてペーパーフィルターにとり、ドリッパーにセットします。

STEP1:コーヒー豆を挽くイメージ写真

STEP4:コーヒーの抽出を始める

コーヒーミルをお持ちの場合は、次に珈琲の豆を挽きます。珈琲は、細かく挽くほど濃く、粗く挽くほどすっきりとした味わいになりますので、お好みによって調節してください。
当庵では、

「蒸らさないこと」

をおすすめしています。一般的に「蒸らし」は大切な抽出行程ですが、岩清水珈琲の場合は、200ccほどのお湯を3回に分け、 蒸らさずにさっと落とすようにします。そうすることで、香りや味わいに透明感のある美味しい珈琲が淹れられます。

STEP4:コーヒーの抽出を始めるイメージ写真

(こっくりとした濃い味わいを楽しみたい場合は、通常のように最初の注湯から30秒ほど蒸らし、じっくりと淹れてください。)

STEP4:コーヒーの抽出を始める

以上が、珈道庵の珈琲に合う淹れ方のこつです。
雑味のない、透き通る珈琲の味わいをお楽しみいただけると幸いです。

STEP4:コーヒーの抽出を始めるイメージ写真

ページTOPに戻る